針中野で腰痛頭痛専門院の糸川鍼灸整骨院|鍼灸|日曜・祝日予約施術可能

東住吉区(針中野・駒川中野)を中心に
鍼灸整骨院として活動しております。

腰痛・頭痛専門院|日曜・祝日は前日予約で施術可能


 

日曜・祝日は前日予約で施術可能

糸川鍼灸整骨院
住所 大阪市東住吉区鷹合2-10-9

お気軽にお問合せください

06-6697-7751

営業時間 AM9:00〜PM7:30

椎間板ヘルニアとは?

椎間板とは骨と骨の間にあり、やわらかいクッションの役割をしています。椎間板は柔らかいので形を変えて体をかがめる・反らす・ねじるなどの動きができるのです。

ヘルニアとは病名で

ヘルニア(hernia)=臓器の一部または全部が正しい位置から突き出た(飛び出た)状態という意味

つまり、椎間板ヘルニアとは

椎間板が正しい位置から突き出て(飛び出て)しまっている状態ということです。

ヘルニアの原因は?

椎間板ヘルニアの原因・要因

腰痛の原因で一番多いとされる椎間板ヘルニア。原因は主に下記の要素、その複合が上げられます。

  • 腰を強くひねる動き・長時間の運転やデスクワークなどで背骨に負荷がかかる
  • 加齢や偏食・喫煙によるカルシウム不足などの骨の老化
  • 身体の歪みによる椎間板の圧迫
  • ストレスによる椎間板の弾力性の低下
  • 椎間板の老化

以上のことから、『椎間板ヘルニア』は身体をよく動かしたり長時間同じ姿勢で仕事をする、20代~40代の比較的若い年代で発症しやすいということがよくわかります。

どんな症状がでるの?

椎間板ヘルニアの症状

上記で説明した通り、飛び出した椎間板が周りにある神経を刺激することで、痛み・しびれなどがあらわれます。

  • 坐骨神経痛
  • 激しい腰痛
  • 疼痛性側弯
  • しびれ
  • 筋力の低下

かなり重度の場合は、

さわっても感覚がない…感覚障害

トイレに行きたいか分からない…排尿障害

などが起こってしまいます。そのような場合、手術をおすすめすることもあります。

ヘルニアになってしまったら…

ヘルニアの場合は保存療法といわれる温熱・牽引・薬などを用いた施療を数ヶ月おこなっても全く改善がみられなければ手術療法をおこなうというのが一般的です。

当整骨院でおこなう施術

電気鍼

ヘルニアの施術は鍼に電気を流します。鍼は血行促進や痛みの施術として有効といわれていますが、電気を流すことによって筋肉に刺激がいき、脊椎の後根を通っている『求心性神経』を興奮させて中枢神経に信号を送ります。そうすると、鎮痛系に活力を与えて痛みを鎮めたり、自律神経を調節して痛みの出ている組織を修復して細胞を活性化してくれます。むつかしい言葉ばかりですいません…。

簡単に言うと、通常の腰痛よりひどい痛みの出ているヘルニアには、鍼電気を流した方が痛みを鎮める効果が高いし、早く治そうと体が頑張ってくれるというわけなんです。電気も個人的には皮膚表面に流れるチリチリとした感覚とは違うので痛みなく受けれる電気施療だと思います。

超音波

マッサージや鍼でも届かない深層の筋肉の修復を手伝ってくれるのが超音波治療器の役割です。ジェルを伸ばして上から電気を流します。悪い箇所だけがぽかぽか温められ、こちらも電気特有のビリビリかんは一切ありません。気持ちいいとさえ感じますので、鍼は怖くて出来ない方にもお勧めしています。

骨盤矯正

激しい痛みが治まってきたらリハビリの一環として腰回りの筋肉や骨格の矯正へと移ります。ヘルニアは坐骨神経痛の痛みがツライですよね。わかります。ですが、多少痛みが落ち着いてきたら、今までと同じように体を動かしてあげることが一番の近道です。弱っている腰回りの矯正をおこなうことで、痛みの軽減以外にも姿勢が正しくなり痛みが再発しにくい体へと変えていきましょう。

運動療法

リハビリとしてお一人お一人の状態に合わせたストレッチやトレーニングをおこないます。ヘルニアなどの腰痛で悩む方は下半身の筋肉の柔軟性が低い方が多いです、固まっているのは腰なのか、お尻なのか、ひざ裏なのか足首なのか最初に検査してメニューを考えていきます。やせ形のヘルニアの方だと体がやわらくても筋肉が衰えている場合が多いので、トレーニング中心のメニューなど無理のない範囲でおこなっていただきます。

SSP(ささない鍼)

SSPとは『Silver Spike Point』の略で、金属製の突起をピンポイントでツボに置き電気を流すことができます。鍼のように刺すことなく、皮膚上からツボに直接低周波の電気刺激を送ることが出来る機械です。

突起といってもトゲトゲして痛いものではなく、小指の先で指圧する程度の刺激で電気を流していきます。針が苦手な方でも苦手意識なく施術を行え、横になれないほど酷い痛みでも座ったままで施術が可能です。

生活指導

折角、改善の傾向がみられても悪い姿勢や夜更かし、仕事や家事で無理をする、添加物を含んだ食べものなど質の悪い食事などを続けているとちょっとしたことで痛みがぶり返していきます。せっかくお金を払って治療しているのにもったいないですよね。私達もあなたにきちんと改善して欲しいと思っています。なので健康や栄養などのアドバイスを月々ニュースレターにしてお渡ししたり、個人の食事指導や姿勢、歩き方までサポートします。

手術はしたくない!他に方法は?

手術以外にヘルニアを解消するにはゆっくりと時間をかけて腹筋や背筋の筋肉を鍛えていくことが重要になります。椎間板の負担を軽くするために出来る範囲から徐々に回数を増やしていきましょう。あせらず数ヶ月は続けてみてください。腹筋や背筋を鍛えることでヘルニア再発のリスクを回避することも可能です。

ヘルニアにならない為の予防法

重労働中はコルセット

腰痛が酷い方やヘルニアにならないか不安に思われている方で、重い荷物を持ち上げたり、中腰の姿勢で長時間作業したり、腰に負担をかけることが多い方は、本来ならばそういったことは行わないのが好ましいですが、生活していかなければいけない以上難しいです。ですので、そのような作業や仕事を行わないといけない場合には『コルセット』を着けるようにしましょう。

しかし、コルセットを一日中着けると腰周りの筋肉を弱める原因にもなるので、ヘルニア予防のストレッチや腰周りの筋肉を鍛えて腰にかかる負担に耐えられるようにすることも大切です。

ヘルニア予防ストレッチ

ヘルニアになる人の特徴として、腰周りの筋肉の衰えの他に『お尻の筋肉が固い』というのがあげられます。腰痛予防のページに載せたストレッチの他に下記のストレッチを取りいえることをオススメします。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

06-6697-7751

受付時間:施術時間内のAM9:00〜PM7:30
(日曜・祝日はメールのみお問合わせ可能)

当院はナンバーディスプレイではございませんので、留守番電話の場合は電話番号をメッセージに残してください。

営業時間(完全予約制)

営業日

 

 

午前往診予約
午後往診往診予約予約
休業日

日曜日・祝日

(前日までの予約で施術可能)

お問合せ・お申込み

糸川鍼灸整骨院
大阪市東住吉区鷹合2-10-9
TEL:06-6697-7751
エリア:東住吉区(針中野・長居・田辺等)

詳細はこちら

もしも交通事故をしてしまったら・・・

06-6697-7751

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽に糸川鍼灸整骨院へご連絡ください。

ごあいさつ

糸川 和希

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので、
お気軽にご相談ください。